セフティ・ホーム 建物のチックマン

安心と信頼のマンションアドバイザー
新築マンション内覧会同行サービス
新築戸建住宅内覧会同行サービス

 
 ■ メニュー
ホーム
内覧会同行サービスの必要性
内覧会同行サービスの流れ
内覧会で確認すること
内覧会は最後の砦です
一戸建施工途中調査
同行サービス調査料金
内覧会同行実績
会社概要
ご利用者の声
お問い合せフォーム
内覧会申込みフォーム
民間による新築工事検査
(法人向け)
相互リンク
 
 ■ カレンダー

今月のカレンダー

来月のカレンダー
 

内覧会同行サービスの必要性!

最近、世間で騒がれている耐震偽装や手抜き工事など、住まいの安全性が問われています。皆さまの、一生の買い物になる住まいは、自分で守らなくてはいけません。
そこで、後悔しない為にも、施工経験豊富な、専門スタッフによる検査をしてみませんか?

新築マンション・戸建住宅の内覧会同行サービスは、ご購入者が引渡し前の最終チェックイベントで綿密な調査チェックを行うことにより、入居後のトラブルリスクを軽減するために施工管理のプロスタッフを同行してリサーチするサービスです。

 ■ 内覧会は購入者にとって最後の砦です!

■ 新築マンション
新築マンションマンション購入者は、モデルルームやパンフレット、また販売営業マンの説明だけでまだ未完成の状態で購入される(一般に青田買い)ケースがほとんどではないでしょうか。
内覧会とは、購入したマンションがいよいよ完成し、引渡し前のお披露目と、施工不良や不具合箇所のチェックを行う最も重要なイベントです。

■ 新築戸建住宅
新築戸建住宅戸建住宅の販売主は、名前の通った業者であっても、実際施工するのは、一般の工務店が、施工しているのではないでしょうか。また工事を管理する監督さんも一度に5・6戸の住宅を管理ているのが現状ではないでしょうか。
一世一代の高価な買い物です」。いよいよ住宅が完成し、内覧会です。引渡し前のおひろめと、施工不良や、不具合箇所のチェックを行う最大のイベントです。



 ■ 内覧会の重要性!

内覧会は、購入した住宅の重要な竣工検査です。
初めて見る部屋に、「何をどうして見たら良いか分からない」・「舞い上がってしまってあまり良く見なかった」・
業者の説明が専門的すぎて、良く分からない」などでは後々業者とのトラブルの原因となります。

専門的知識と経験を積んだ専門家による調査が必要ではないでしょうか。


 内覧会同行サービスってなに?
 
 内覧会で確認すること!(チェックポイント)

不具合箇所のチェック内覧会では、購入した部屋を実際にチェックし、契約時に定めた仕様や、パンフレット、及び図面との違いを確認し、部屋の仕上がりや、家具や建具の取り付け具合や施工精度の確認、また施工不良、不具合箇所をチェックし業者に指摘します。

指摘箇所について、施工業者を交えて、補修方法を検討します。また補修のしかたによっては、かえって補修前より悪くなることもありますので、マンション施工経験豊富な専門スタッフが同行し適切に対応します。

 
不具合箇所のチェック1.契約時に定めた仕様や、パンフレット、図面でのコンセントの位置や数、機器の仕様を確認します。

2.窓や扉の開閉など、基本機能の動作確認します。

3.キズ、汚れ、破損など無いか確認します。

4.床下、天井点検口の中を点検・確認します。

5.外壁 屋根裏 外構 屋根
(目視で確認できる範囲)(戸建住宅の場合のみ)


 調査結果を基に指摘箇所の、最善の補修方法及び手直しの方法を検討・協議します!

内覧会での調査結果に基づき、施工業者を交えて、同行フタッフが補修箇所、補修方法などについて的確なアドバイスをいたします。

 内覧会同行フタッフについて

内覧会に同行するフタッフは、建築のあらゆる施工経験をつんだプロが同行いたします。

・1級建築士
・2級建築士
・1級建築施工管理技士

 
ページTOP
 
copyright 2006-2014 © セフティ・ホーム All rights reserved.